少し前の90センチ水槽、2期目の話。



IMG_2729







子が生まれ、いろいろ慌しくなったせいか、ちょっとアクア熱も冷め、
放置が続いた90センチ水槽は崩壊の一途を辿りました。
ロタラがどこまでも伸び、石や流木は黒髭コケまみれ、シダ病も出る、などなど、
いろいろと申し訳ない腐海な状態でした。


しかし去年の夏頃、何かの拍子にまた熱が高まり始めまして、
まずはと90センチ水槽の再生を志しました。


コケだらけの素材たちを洗い、
使える水草だけを選定し、リスタートしました。


IMG_2679


今見ても何だかよくわからない素材配置ですが。。
ちょっと鬱蒼とした洞窟的なことがやりたかったような、
その隙間から魚が見える、みたいにしたかったのやと思います。
思っただけです。

前回同様、オール化粧砂に侘び草3個です。
あと適当にモスとシダ。




IMG_2693


徐々に伸び育ち、


IMG_2700


魚を迎え、


IMG_2695


IMG_2698


IMG_2727


なんとなくこの辺がピーク?

写真では分かりづらいですが、
とにかくモスが上手く育たず、全く水景が成長しない。。

以前まで使ってたモスがコケにまみれてほとんど捨てたため、
ホームセンターなどで買ったのですが、ウィローモスとして売られてても
クロカワゴケじゃなくてヤナギゴケだったりして、
うまく育たず。
以前の南米モスは10倍の速さで育った気がするのに。



侘び草もハイグロの割合が多過ぎ、アオミドロも長い間消えず、
いろいろと全然思ったようにいかなくて、早めにリセット決意となりました。




まあリセットを手軽に出来るのがオール化粧砂水槽のいいところです。

この後にもう一期、オール化粧砂でレイアウトがあったのですが、
やはり短期間で全く写真もなく終了。

その頃に40センチ水槽で緑の絨毯が上手くいき始めたので
今度はソイル敷いてみるか、となります。


という、半年前ぐらいの話。





《水槽データ》
■水槽:900×450×450(プレコ グラシア)
■照明:コトブキ フラットLEDツイン900 (一日7時間 点灯)
■濾過:コトブキ パワーボックス  SV550X、エーハイム エココンフォート2234(直列で連結)
■底床:ADA ラプラタサンド
■肥料:なし
■CO2:自然添加(1秒に1滴)
■換水:週1回 1/3
■水草:ウィローモス、ミクロソリウム、ボルビティス、侘び草 有茎MIX ×3個
■魚種:カージナルテトラ、イエローファントムテトラ、テトラオーロ、インパクティス・ケリー、チェリーバルブ、チェッカーバルブ、オトシンクルス、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村